ワングリーン
 ホーム 会社案内  施工例集 おすすめアイテム スタッフ 求人案内 ブログ

                                         

MESSAGE 2018   〜 季節を学ぶ 〜


 ”春” − 立春(2/4) 雨水(2/19) 啓蟄(3/6) 春分(3/21) 清明(4/5) 穀雨(4/20)

 ”夏” − 立夏(5/5) 小満(5/21) 芒種(6/6) 夏至(6/21) 小暑(7/7) 大暑(7/23)

 ”秋” − 立秋(8/7) 処暑(8/23) 白露(9/8) 秋分(9/23) 寒露(10/8) 霜降(10/23)

 ”冬” − 立冬(11/7) 小雪(11/22) 大雪(12/7) 冬至(12/22) 小寒(1/7) 大寒(1/22)

 message2017 メッセージ2016へ メッセージ2015へ メッセージ2014へ メッセージ2013へ メッセージ2012へ メッセージ2011へ メッセージ2010へ メッセージ2009へ メッセージ2008へ メッセージ2007へ
 

 〜 「はる」は万物が発る季節

 

"立春"(りっしゅん) − 春の気たつを以て也  (暦便覧)

気温が-15℃以下の早朝。
排雪へ向かうため玄関を開けると、目の前に大きな月。

「おー!」と言いつつ、皆で撮影会。
寒くて力が入る身体がフッと軽くなる。

 

寒くて下ばかり見てしまうが、  
縮こまった身体を伸ばして、たまには上を向いてみよう。  
澄んだ空気の中に、なにかが見つかるかも…。

 

まだまだ寒い日が続きます。  
体調にはお気を付けください。

 

"雨水"(うすい) − 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也  (暦便覧)


 

日の出の時間が早まり、

来週には最高気温が5℃を超える予報も出て、

冬の終わりが近づいているのを実感できます。

   

しかし、ここは北海道札幌。
これから先、大雪が降らないことを祈ります。

春が待ち遠しいです。

 
 

"啓蟄"(けいちつ) − 陽気地中にうごめき、ちぢこまる虫穴をひらき出れば也  (暦便覧)

気温が上がってきたと思ったら、50cmの大雪が降った札幌。

毎日にわか雪が降っていますが、降る以上に、どんどん融けています。

鳥の姿や、鳴き声も増えてきて、楽しみがまた増えました。

   

でも、草花や虫達が目覚めるのは、もう少し先かな…。

      
  
 ▲このページの先頭へ

"春分"(しゅんぶん) − 春の気たつを以て也   (暦便覧)

       

陽の暖かさが雪解けをどんどん進めています。

春分は、生物と自然を慈しむ日とされています。

水たまりには、プクプクと大地の呼吸音が。
樹々には、小さい生命が。

まだ、風の冷たい札幌ですが、
少しお散歩しませんか?

小さくも、大きな春が見つかりますよ。

 

"清明"(せいめい) − 万物発して清浄明潔なれば、此の芽は何の草と知れる也  (暦便覧)


 

 気温が上がらず、チラチラ雪の降る里山。

 そんな里山でもちゃんと春は来ています。
 春を教えてくれる、スノードロップ。

 小さい背丈で、小さい花ですが、とても大きな存在です。

 厳しい冬を乗り越えた時のお花と暖かい日差しは特別です。

 

 春は忙しい時期ですが、ちょっとの暖かさを感じてみてください。  
 ほっこりできますよ。

      

"穀雨"(こくう) − 春雨降りて百穀を生化すれば也   (暦便覧)

       

まだ山の上の方は白いですが、山の恵みの時期になりました。

そういえば…
山の恵み・海の恵み、という言葉はありますが
野の恵みという言葉はないのでしょうか?

心を温かくしてくれるお花やハーブがあるのに。

お外に出るのが楽しい季節が来ましたね!

 ▲このページの先頭へ
 

 〜 「なつ」は熱(ねつ)の季節

"立夏"(りっか) − 夏の立つがゆへ也   (暦便覧)


 

ゴールデンウイーク中は、曇天模様で寒かった札幌。

週が明け、青空となりました。

立夏といえど、まだまだ緑が少ない里山です。

これから、気温の上昇とともに、緑が映える里山に衣替えします。

かえるさんだけは、いつも笑顔で気持ちが良さそうです。

 

"小満"(しょうまん) − 万物盈満すれば草木枝葉繁る也  (暦便覧)

今回の暦便覧は難しい言葉が書いてありますね。

要約すると、
「全てのものがしだいに成長して、天地に満ち始める頃」
となるそうです。

お花や緑も増えてきて、青空も広がり、
ワクワクする時期に入りました。

   

このワクワク感は、小学生の頃から変わりません。笑

    









   

 
 

"芒種"(ぼうしゅ) − 芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也  (暦便覧)

 
 ▲このページの先頭へ

"夏至"(げし) − 陽熱至極しまた、日の長さを至りなるを以って也   (暦便覧)

       

日本の夏至は梅雨真っ只中の為、あまりピンとこないかもしれませんが、

夏が来ました!

庭には日に日に色が増え、鳥さん達も忙しそうに鳴いています。

夏が短い北海道。今から夏の計画を立てよう。

仕事も大事ですが、まずは遊びから…

"小暑"(しょうしょ) − 大暑来れる前なれば也   (暦便覧)

       

今年の北海道は、梅雨をハッキリ認識できる気候です。

気候が悪くても、心だけは元気でいましょう!

空が曇っていても、地面には色がありますよ。

梅雨明けまであと少しです。

次の大暑では、気持ちの良い青空をお伝えしたいな。

 

"大暑"(たいしょ) − 暑気いたりつまりたるゆえんなれば也  (暦便覧)

 

青い空と、緑のコントラスト。  
そして、刺すような陽射し…。

本格的な夏がきました!

   

 最近では、なかなかお目にかかれない
 生命の誕生にも出会えました。

  今年の夏は、生命の誕生でスタート。  
  いつもの夏とは違う夏がくるかも。

 
 ▲このページの先頭へ
 

 〜 「あき」は草木が紅(あか)く染まる季節

"立秋"(りっしゅう) − 初めて秋の気立つがゆへ也   (暦便覧)


 

先週までは、真夏日が続く札幌でしたが、  
気温の上昇も一段落し、カラッと天気の北海道らしい気候になりました。

みずみずしい緑、清々しい青、うるさいくらいのセミの声、
どこからともなくハーブの香り、パクっと一粒ブルーベリー。

夏を五感で感じています。

 ▲このページの先頭へ